スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小料理 そら

会社を辞めて4か月。適当にアルバイトをやりながらテキトーな生活を送っていた訳だけど自由人な私はやっぱりまともな会社員にはなれる訳もなく、ネットで近所の安い貸店舗を探していたらここから車で10分ほどの所にある飲食店ばかり入った4階建てのビルの1階が家賃5万4千円・敷金・礼金なしで出てたのでそこを借りてまたお店を始めた。5月の18日にオープンした今度のお店の屋号は小料理そら。スナックの居抜きだったので厨房が台所ほどしかなく客席も12席。一人でやるには丁度良いこじんまりとした店内になった。
VEGAをやめて三年半。ようやく復活出来て精神的にも肉体的にももとの自分に戻れた気がするよ。まだ売り上げは大したことないけど以前からのお客様も多いのでストレスを殆ど感じることなくやっていけてます。

                      そら店内

 居抜きだったのでスナック使用のボックス席や変なカウンター椅子は全部取っ払って自分で板貼ったりペンキを塗ったり、テーブルや椅子や食器類・厨房機器は殆ど持ってたので費用も格安で済んだよ。
何はともあれまた大好きな料理を作りながらお客さんと色んな会話ができるのは嬉しいことです。
小料理そらがいつまでも有りますように。
                          

スポンサーサイト

休憩中・・・。

                         
                            起こさないでね

1月20日。約1年勤めた某旅館を退職した。

自由人になって2週間、まるで次の職場を探す気になれない。
旅館のフロント業務は楽しかったのだけど上司のセクハラや自分が法律で一歩も譲らない先輩たちやそれを見て見ぬ振りをする経営陣たち。

給料は月5日休みで朝8時から夕方5時まで残業もたまにあるけど手取り12万くらい・・・。
具合が悪くて休んだら月5日の休みで調整するのでその後ずっと休めない。
正社員だったけどボーナスも無かった。

嫌で嫌でしょうがなくてそれでもシーズンが終わる秋の終わり11月末までは我慢しようとひと月前に退職を願い出たのだけど辞めさせて貰えずようやく今年になって強引に辞めることができた。
心のストレスの限界を超えてただ我慢して勤務していた。

心のゆとりがなくて電話も出れない。友人からの誘いも断り家族とも会えない。もちろんブログの更新もやる気にならない。
そんな暮らしの中で飼い猫だけが私を癒してくれた。
学生の頃から色んな仕事に関わってきたけど精神的にこんなにまでつらかったのは初めてだわ。

今はただひとりここに居てまた月極め4千円の温泉へ毎日通い常連のおばちゃん達とたわいのない会話をして猫と戯れながら心の傷を癒しているよ。
まだ家族と会話が出来ない。友達にも会えない。
でも大丈夫。ちょっとだけ休憩してるだけ。

今年の目標は「復活」。

それと「自分に正直に生きること。」

「目を閉じて太陽に感謝。邪心を捨て心を空に。やがて道は開かれる。」

読んでくれてありがとう。

ソラ




人間の脳の培養に成功?

こんばんは。あっという間に時が過ぎ気づいたときにはトップページが頼んでもいないスポンサーの広告に乗っ取られてたよ。
相変わらず夏には弱い管理人。先日の健康診断でどういうわけか身長が154センチから156センチに伸びてて????視力も裸眼で両目共に1.5。ただ残念なことに自分では気づいていた心電図と聴診器による心臓の異常が医者にもバレて会社にバレるのも時間の問題となってしまった。ずっと夜型で生きてきたわたしが毎朝6時半に目覚ましで無理やり体を起こして仕事に行くのはかえって不健康なのだわ。自分のペースで出来る仕事に変わりたいよ。
さて、自分の脳さえコントロールできないというのに海外米国ではとんでもない研究をやっているようで今回はほぼ完全な人間の脳の培養に成功したとかいうニュースが出てきた。
以下Yahooニュースより一部抜粋。


ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000010-jij_afp-sctch

【AFP=時事】極小の人間の脳をほぼ完全な形で実験室での培養に成功したとの研究結果を米大学の科学者が18日、発表した。神経系疾患の治療に大きな進歩をもたらす可能性もあるという。

米オハイオ州立大学(Ohio State University)の報告によると、小さな脳の培養に成功したのは、同大のルネ・アナンド(Rene Anand)教授。脳の成熟度は、妊娠5週の胎児に相当するという。「それは発生中の脳のように見えるだけでなく、多様な細胞型、1個の脳に匹敵するほぼ全ての遺伝子の発現もみられる」と同教授は述べている。

 オハイオ州立大によると、シャーレの中でエンドウ豆ほどの大きさになったこの脳には、多種多様な細胞や脳と脊髄の主要部位の全てが含まれているが、脈管系は存在しないという。人間の皮膚細胞から培養されたこの小さな脳については、これまでに培養されたもののなかで、最も完全型に近い脳だと主張されている。

(中略)

同大によると、アナンド教授は、脳や神経系の疾患に対する治療法を開発する過程で、培養された脳を用いることにより、薬剤が精神に及ぼす影響をより簡単で倫理的な実験で調べることができるようになることを期待しているという。同教授と共同研究者は、脳培養システムを製品化することを目的とした新興企業をオハイオ(Ohio)州に共同で設立している。

 アナンド教授は、自身の研究に関する同大の報告書の中で「この脳モデルの効力は、人間の健康に非常に明るい未来をもたらすものだ。なぜなら、治療法を試験・開発するための選択肢として、齧歯(げっし)動物を用いる以外の、より的確で関連性の高い選択肢が得られるからだ」と指摘している。

 また、これは神経科学研究全般にとっても恩恵となる可能性がある。この脳を利用することで、ゲノム研究においては、現在用いられているコンピューターモデルではない実践型のアプローチを実行できるからだ。このことについては、「数学的相関法や統計的手法はそれ自体、因果関係を特定するには不十分だ。実験システム、つまり人間の脳が必要なのだ」と説明している。【翻訳編集】 AFPBB News


        nou.jpg

現在の研究段階でこの脳は妊娠5週目の胎児レベル。これが培養を進めるにつれほぼ思考能力のあるサイズに達したとき数々の疑問が出てくるよね?
ロボットや人工知能には無い意思や自我が目覚めるのか?とか義足や義手は勿論、人工臓器も造れる時代だけに組み合わせれば人間もどきが作れそうだし。(クローン作るほうが簡単そうだけど)
脳だけ培養出来るなら大事な記憶はこれに記憶させて人間用外付けハードディスクに使えそうだし。ロマンというより神の逆鱗に触れそうなことやってないかい???
不老長寿に人工知能そして脳の培養ですか・・・・。いったいどれだけやれば満足するのかな?
人生は限りがあるから面白いんだよ。

15年後地球はミニ氷河期に?

こんばんは。頻繁に震度5クラスの地震にみまわれ小規模ながらも各地で噴火。台風の動きに翻弄されながら35度以上の猛暑や豪雨に耐える日本列島最近どうかしてるよね?私の住んでいる福岡も13日大分で発生した震度5強の地震につられて久しぶりに揺れた。16日辺りは台風11号に襲撃されそうで築80年の我が家は耐えられるのかちょっと心配。
そんな心配をよそに地球の今後について興味深い記事を見つけたのでご紹介。


「地球は15年後“ミニ氷河期”に入る」英国王立天文学会で発表

先週、イギリスのウェールズで開催された英国王立天文学会総会で、「今後15年以内に、地球はミニ氷河期といえる時代に入る」という予測が発表された。

これは太陽を専門に研究する学会員の一致した意見で、「97%確実」であるとのこと。
最新テクノロジーで導き出された結論

研究者たちを代表してこの発表を行なったのは、英国ノーザンブリア大学のヴァレンティナ・ジャルコヴァ教授。

発表された予測は、最新テクノロジーによって収集された現時点で最も信頼できるデーターから導き出されたものであるとのこと。
2030年付近で太陽活動は60%減衰

太陽の活動には周期的な勢いの増減がある。それは太陽内部の複雑な磁場の変化によって起こるもので、昔は予測が難しかったが、テクノロジーが発達した現代ではほぼ間違いなく周期を予測できるようになっている。

ジャルコヴァ教授はこう前置きしたうえで、「太陽の活動は、2030年あたりには今と比べて60%減衰する」と言う。また、この予測は「97%」確実であるとのこと。
その後10年続く「ミニ氷河期」

その時地球はどうなるか? 地球の温度が全体的に下がり、天文学者たちがいうところの「ミニ氷河期」がやってくる。

過去のミニ氷河期は今からおおよそ300年前、1645年〜1715年にあったという。今回予期されているミニ氷河期は、約10年続くとみられている。
厳冬で川が凍る

300年前のミニ氷河期には、通常凍ることのないロンドンのテームズ川が7週間も凍り、その上を人が歩いていたという歴史的な記録がある。

15年後にもほぼ確実に、地球のあちこちで同様のことが起こるだろう。

IRORIOより引用:http://irorio.jp/sophokles/20150713/245063/



原文はコチラ
Is a mini ICE AGE on the way? Scientists warn the sun will 'go to sleep' in 2030 and could cause temperatures to plummet
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3156594/Is-mini-ICE-AGE-way-Scientists-warn-sun-sleep-2020-cause-temperatures-plummet.html

王立天文学会とは


本格的にミニ氷河期が来るのが15年後ならそれに備える時間は十分有るね。

理解できない最新医療

こんばんは。心配していた台風3兄弟9号10号は西へと移動中。日本列島は11号に注意かな?昨日から稼働しているひまわり8号の「ひまわり8号リアルタイムWeb」を見ると地球規模で表示されて拡大すると色んなとこが見えてかなり楽しい。興味のある方は覗いてみてね。

                     2015y07m08d_232412238.jpg

さて今夜の気になる話題はまたしても理解できない不老長寿の医療技術関連。


150歳まで生きられる老化防止薬、来年から生産か 米国のバイオ企業CEOが発表


「人間が150歳まで生きられる時代がすぐに来る」、米国のバイオテクノロジー企業、シエラサイエンス創業者でCEOのビル·アンドリュース博士(64)が、今月5日ニュージーランドのTV番組でそう語った。「老化は病気であり、治療することができる」として同社が「開発中の老化治療剤が来年遅くにも試験生産に入るだろう」と付け加えている。

不老不死への第一歩となる、この発言が今海外メディアで大きな注目を集めている。


■寿命つかさどるテロメアの調整薬

生物は細胞分裂をくりかえすと、染色体末端の塩基配列部位である「テロメア(telomere)」が短くなっていき、これが短くなりきると死を迎えることになる。アンドリュース博士によれば、このテロメアの生成を行う酵素が体内で作られ続ければ老化を防げるとしている。

そしてシエラサイエンス社がこの酵素生成に関する薬を発売することを示唆したわけだ。

続けてアンドリュース博士は「(治療剤によって)テロメアの長さが再び長くなれば、老化が中断されるどころか再び20代の青年のように活力あふれる状態になる」とも強調。


■超長寿社会になれば人口問題も勃発

だが実際に薬が発売されて長命を確保できても、内蔵の機能などが追いつかないといった事態も想定される。そうなれば臓器移植の需要が高まるし、また人々が死ななくなれば人口問題も新たな局面を迎えることになる。社会に大きなインパクトを与えることは間違いない。

文/高野景子

http://mogumogunews.com/2015/07/topic_12096/



こんなくだらないこと飽きもせずよくやるよね。そんな長生きして何がしたいんだ?万が一これが日本でも流通するようになれば処方箋を出すのと引き換えに年金の受給や選挙権や会長職なんかを放棄させるべきだね。現役のまま150まで生きられたら世代交代出来ないし国の財政がもたないわ。
と同時に浦島太郎の玉手箱も開発すべき。
不老不死の魅力って何?

何でも有りな最新医療

こんばんは。うっとおしい天候続きで気分までジメジメ。心にまでカビが生えそうな管理人です。
さて今夜は以前からニュースになってた人の頭部を他人の体に結合する手術を示唆していたイタリアの医師がついにその第一号となる患者と手術の決断をしたというニュース。

「頭を体から切り離し他人と結合」難病男性が手術へ

TBS系(JNN) 6月26日(金)19時53分配信
 難病に苦しむ30歳のロシア人男性が自分の頭を体から切り離し、 脳死状態になった他人の体と結合する手術を受けると発表しました。

 25日に会見したのは脊髄性筋萎縮症を患う男性(30)です。この病気にかかった患者の平均寿命は短く、男性も症状が急激に悪化しています。そこで、イタリア人医師が提唱している自分の頭部と脳死状態となったドナーの身体を結合する手術を受ける決意をしました。

 「とても楽観的にいます。楽しみです。できるかぎり早く行われるよう実現を目指しています」(ワレリー・スピリドノフさん)

 手術中は、頭部とドナーの身体を冷却し、細胞が死なないようにするということですが、100人以上の医療スタッフが必要で手術時間は36時間に及ぶ見通しです。イタリア人医師は、手術費用1500万ドル、およそ18億円を集めていて、2年以内には手術を行いたいとしています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150626-00000062-jnn-int

2015y06m26d_230800391.jpg

手術費用は約18億。そんな価値があるのかどうかはさておいて、これが万が一成功すれば人はたとえ体が吹き飛んでも頭さえ残ってればドナーがいれば再生できるということ?いやもっと言えば首と胴体を切断されてもすぐに手術すれば元通りになるってこと??(元々自分の体なんだから拒否反応なんてするわけ無いよね?)
ブラック・ジャックの世界だけど神経の接合は複雑で困難かも知れないけど至ってシンプルな手術な気がする。
倫理的な問題はあるかも知れないけどこういった医療技術によって持って生まれた宿命や運命に逆らうチャンスを与えても全然いいとわたしは思う。是非成功して欲しいねこの手術。くだらない美容整形手術より十分価値はあるよ。
もっと医療技術が進んだら暗闇でもなんでも見える猫の目の遺伝子や寒さ暑さを感じないエコな恒温動物の遺伝子なんかを組み込んだハイブリッドな人間を是非作って欲しいよ。

関連ニュース:
人間の頭部移植 2年以内にも実施? イタリアの医師が計画

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000007-mocosuku-hlth

無謀な海上保安庁のお仕事

西之島周辺、噴火後初の海底調査へ 海上保安庁

火山活動が続く小笠原諸島・西之島(東京都)について、海上保安庁は17日、噴火後初の周辺海底調査を22日から7月10日にかけて行うと発表した。噴火前後の地形変化や火山の地下構造などを調べ、収集したデータを海上交通安全のための海図作製や今後の火山活動の予測などに役立てる。

 海保によると、平成25年11月の噴火開始後は、毎月の航空機による上空からの調査のみで、海面下の変化は全く状況が不明という。

 今回の調査では、測量船「昭洋」(3千トン)と無人調査艇「マンボウII」(5トン)を投入する。

 昭洋は海底地震計を設置した上で海底で人工地震を起こし、揺れが伝わる速さで地層の状況や構成する物質を推定。マグマだまりの分布や規模、深さなどを調べる。また、マンボウIIは噴火警戒範囲(西之島の中心から4キロ以内)で、海底の状況や火山活動により変色している海水、火山灰を採取して火山活動の情報などを得るという。

 海保によると、西之島の面積は、前回調査時の5月20日現在で東京ドーム約55個分に当たる約258ヘクタール。現在も火山活動は続いており、拡大を続けているとみられる。

引用元:http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/150617/lif15061719240020-n1.html

海上保安庁では、測量船と無人調査艇により、噴火開始後初めて西之島周辺の
海底地形等の調査を行います。
海上保安庁PDF

2015y06m19d_000531467_convert_20150619000833.jpg
2015y06m19d_000628180_convert_20150619000902.jpg




こんばんは。西ノ島といえば先日の5月30日のマグニチュード8・1の震源地となった土曜海山のすぐ側にあるのよね。震源の深さは682キロと下部マントル付近(地震発生時刻は20時23分。・・・どうでもいいけどわたしの誕生日は8月23日だからすぐ覚えた。)
とはいえ相当なダメージを受けている場所にあろう事か人工地震を起こして調査するとは!?一体誰がこんな無謀な指令を下したのか理解に苦しむよ。海底で何が起きているのか興味はあるけど危険すぎ!もう少し様子を見てからやればいいのに。

6月16日 熱帯降雨観測衛星「TRMM」 にご注意。

こんばんは。豪雨や地震や噴火に加えてMARSの拡大やら何かと騒がしくなってきた最近のニュース。それに加えて新たな危険なニュースが入ってきた。
今月の16日に役目を終えた熱帯降雨観測衛星「TRMM」の一部が落下してくるというもの。

日米降雨衛星、16日落下へ 地上に一部到達の可能性

2015年6月12日 10時36分

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は11日、日米共同プロジェクトの熱帯降雨観測衛星「TRMM」が役目を終えて16日に大気圏に突入する見通しだと発表した。一部が燃え残って地表に到達する可能性があるが、人にぶつかる確率は4200分の1でかなり低いとしている。

 正確な落下地点や時刻は大気圏突入の直前にならないと特定できないが、TRMMは北緯35度から南緯35度にかけての上空を周回しているため、日本では四国や九州などの地域で落下リスクがある。


東京新聞より引用:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015061201001399.html

NASAのHP:http://pmm.nasa.gov/mission-updates/data-news/trmm-spacecraft-re-entry

TRMM Spacecraft Re-Entry

Frequently Asked Questions: TRMM Spacecraft Re-Entry

The Tropical Rainfall Measuring Mission (TRMM), a joint mission of NASA and the Japan Aerospace Exploration Agency, was launched in 1997 to study rainfall for weather and climate research. After over 17 years of productive data gathering, the instruments on TRMM were turned off on April 8 and the spacecraft will slowly descend from its orbit.

What risks are there to people and property from falling pieces of TRMM?

There is a very low risk to people and property from pieces of TRMM that reach Earth’s surface. Most of the spacecraft will burn up in the atmosphere during re-entry. Of the spacecraft's total mass (about 5,800 lbs.), 96 percent will never reach Earth. The chance that a piece of the spacecraft will strike a person is approximately 1 in 4,200.

相変わらずこの手のニュースはサラッと記事にするね。たまたま読んだ人にしか周知できないようにしてるのかな?
このTRMMの全質量(約5,800ポンド)のうち96パーセントが大気圏突入の際燃え尽きるらしい。4パーセントというと232ポンド。1ポンドを453.6グラムとすると総量約105キロの破片が落下してくる危険があるということかな?
人に当たる確率が4200分の1っていうのも高い気がするけど面積の広い場所に落下する確率はもっと上がるよね?原発とか火山の火口とか空港とか商業施設とか・・・。
九州や四国にお住まいの皆さん16日は流星が見れるかもね。とりあえず頭上にご注意。
プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。