スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人を呪わば・・・・」

こんばんは。今日は仕事に行かなかった。明日も行かない予定。ここ数日立て続けに、他人のミスを自分のミスだと勘違いされ上司に叱られた。私の無実は晴れたのだけど謝罪もしない連中にちょっと抵抗中。
私はそんなささいな事で誰かを恨んだりはしないんだけど地方の県議会でのちょっと変わった出来事がニュースになってたよ。


「人を呪わば…人を殺さば…」赤文字で批判文 秋田の女性県議が発送
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140904/lcl14090409270001-n1.htm


 秋田県の女性県議が、他会派に所属する男性県議に対し、赤い文字で「呪」や「殺」という単語を使って批判する文書を関係団体に発送していたことが3日、分かった。県議会は、文書は事実と異なる内容や個人的中傷を含み問題だとして、近く議会運営委員会で対応を協議する。

 文書を送ったのは、県議会会派「新みらい」所属で現在3期目のこだま祥子氏(59)。男性県議が所属する国政政党をかつて選挙で支援したのに、こだま氏の地元で対立候補を立てようとしていると主張し「恩を仇で返す人でなし」と批判。赤い文字で「人を呪わば穴二つ 人を殺さば穴二つ」などと書いていた。こだま氏は取材に対し「自分の長年の思いを仲間に送ったつもり。政治家として間違ったことは何もしていない」と主張している。


「人を呪わば穴二つ」の意味は「他人を呪って殺そうとすれば、自分もその報いで殺されることになるので、墓穴が二つ必要になる。人を陥れようとすれば自分にも悪いことが起こる。」ということなのだけど、どうしたんだこの人は?「呪」とか「殺」という文字を使って手紙を書くほど怒る内容とは思えないんだけど。
もしかしてこの手紙を書いた女性議員自身が呪殺の危険にさらされてるのかしら?だとしたらこの手紙の文章も理解できるかな。
いずれにしても「呪殺」ということが実際に有るにせよ・無いにせよ、この手紙に関しては議会で対応を協議する程の事ではないだろうに・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。