スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい話だ。

こんにちわ。月末のスーパーハードな勤務で体が自滅しちゃったよ。以前から長時間歩きまわると足の血管が切れて内出血起こしてたんだけど、今回は歩けなくなるほど酷い。お蔭で今日から約1週間、自宅で療養。残業代より病院代の方が高いとは・・・。

お医者と私の今日のやりとり。

私:「先生、毎回こういうことになるんですけど、症状が出なくなるようになりますか?」
医者:「はい。ステロイドで出なくなります。」
私:「ステロイドは糖尿病等の副作用出ますよね?」
医者:「はい。糖尿病になります。」
私:「・・・・・。ステロイドは飲みたくありません。」
医者:「わかりました。ではコカール錠を処方しておきます。」
私:「・・・・・。(それ只の鎮痛剤でしょ。)」

血管炎をほっとくか、症状を抑えて糖尿病になるのか凄い選択肢だな。それにしてもここまでハッキリと副作用について断言できる医者はそういない。ある意味感心したよ。

さて、今日は世界でも希少な、歴史上一度も軍隊を保有したことがない国家「アイスランド」のニュースから。こんな裁判官がいる国はきっと平和なんだろうな。


アイスランド最高裁判所、エルフの存在を認める ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_09_30/277953515/

アイスランドの自然保護団体「ラワの仲間たち」が首都郊外のアイスランド大統領邸と首都レイキャビクを結ぶ自動車道の建設計画を封じ込めた。

同団体はアイスランド最高裁に提訴した。いわく、道路が建設されればそこに住んでいるエルフ(妖精)たちの数千年におよぶ文化が破壊される。選ばれた者にしか見えないものの、そこには彼らの建てた建物、あまつさえ教会もある。

裁判所は訴えを認めた。アイスランド大学が行った世論調査では、国民の62%がエルフの存在を信じているという。


エルフとトロール

”空には「アルフヘイム(エルフの故郷)」と呼ばれる土地がある。「光のエルフ」と呼ばれる人々がそこに住んでいる。しかし、「闇のエルフ」は地下に住み、外見は彼らと違っているが、中身はもっと違っている。光のエルフは太陽よりも明るいが、闇のエルフはピッチよりも黒い。”(スノッリ・ストゥルルソン)

さて、この見えざる人々であるエルフやトロールですが、主にアイスランドの自然の中に住んでいると信じられており、それは実際は岩や山だけでなく水や空気も含めることが多く、アイスランド人にとってその場所を神聖たらしめる理由となっており、誰しもがその場所をそっとしておきたいと思います。
なぜか?もしこういった彼らのいる場所を壊したら・・・彼らはきっと復讐しにやってくるから・・・!

では人間がその存在を信じ、畏怖の念をいだくエルフとは。ヨウン・アルトナルソンによれば、エルフは人間のように生まれそして死にますが人間より長生きであるようです。
エルフは食事もしますし、皆で集まって音楽を聞いたりダンスをしたりするのも大好きです。特にクリスマスが近づいてくるとエルフの家々は活気に溢れ、遠くからでもその賑わいが聞こえるほどだと言われています。
陽気そうに見えるエルフではありますが、人間にとっては良くも悪くもなる存在と思われていて、それゆえに多くの人間はできるだけエルフと関わらないようにしたがるのです。
エルフは基本的には魂や精神のようなものだと言われていて、サイキックなど特別な能力のある人や「エルフアイ目薬」をつけた人以外、普通の人間には見えないと言われています。食べたり遊んだりするような人間に近い面をもちながら、持っている力は多岐にわたって強力で人間を意のままに操ることだって簡単です。
でもご安心。エルフはその力を使いたくてうずうずしているのではなく、怒らされたりしたときの復讐においてでしか使われません。
もし復讐の標的にされたら・・・人間はひとたまりもありません。

それでは今度はトロールのお話。
実際のところ、トロールはどこからきたものか元は何なのかを詳しく伝えるものがあまりなく、人間から遠く離れた山の中に住んでいると考えられているにすぎません。
しかし、日光にあたると固まって岩になってしまうという性質を抱えながらも様々な目的で人間に近づいてくると言われています。山を動かし大岩をどかしてアイスランドという国を作ったときにもトロールは日光に触れるかもしれないリスクをおかして大きな貢献をしています。
トロールは人に親切で人懐っこいように思えたでしょうか?いえいえ、ご注意を。誰もいないような手付かずの自然をハイクするときには特に。トロールがあなたを連れ去ってしまうかもしれません。

転載元:ヴァイキング エルフとトロールの世界
http://www.vikingtravel.jp/culture/elf/


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。