スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都符立大の塚本教授とダチョウがエボラから人類を救う!?

こんばんは。11月19日付の世界保健機関(WHO)の情報によるとエボラウイルス病の患者数は15,145人、死亡者は5,420人。(詳しくは厚生労働省検疫所HP:FORTHを参照)いまだ深刻な流行が続くエボラだけど日本発・希望のニュースが発信されたもよう。
2008年にダチョウの卵を使って鳥インフルエンザの抗体を大量生産する方法を開発した塚本康浩教授、またしてもダチョウの卵でエボラの抗体を大量精製することに成功!しかも12月には開発された感染を防ぐスプレーの使用が開始される予定だとか。ダチョウといえば高級バッグや財布に姿を変えたオーストリッチが頭をよぎるのだけどこれから恐れ多くて使えないね。
                   バッグ

それはともかく、made in Japanが世界を救えるのかとても楽しみになって来ました。何処の会社がスプレーを開発しているのか知らないけど株買っといたらいいかも?

エボラ抗体、ダチョウの卵から大量精製 京都府大グループ 2014年11月21日:livedoor news
http://news.livedoor.com/article/detail/9494531/

西アフリカを中心に流行し、世界的な感染拡大が懸念されているエボラ出血熱のウイルスを不活化する抗体をダチョウの卵から大量精製することに、京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)のグループが成功した。

 12月中旬には、この抗体を使用したスプレー剤が海外の空港で販売される予定という。

 ダチョウは傷の治りがきわめて早いとされる。その免疫力に着目した塚本教授は抗体を作る能力も高いことをつきとめ、卵から大量の抗体を取り出す技術を開発。平成20年に新型インフルエンザが流行した際に販売された抗体入りマスクが注目を浴びた。

 今回、塚本教授らは、カイコの細胞で作製したエボラウイルスの表面タンパク(リコンビナントタンパク)を抗原としてダチョウに投与。体内で生成された抗体をダチョウが産んだ卵の卵黄部分から取り出し精製した。エボラの表面タンパクは、ウイルスが人の細胞に取り付くことを可能にしており、塚本教授は「今回の抗体がヒトの細胞に侵入しようとするウイルスの鍵をブロックすることにより、感染を防ぐことができる」と話す。

 抗体のスプレー剤は、マスク、ドアノブや手などに噴霧して使用する。「抗体は治療にも応用できるが、まずは感染を防ぐことを第一とし、医療従事者や拠点空港での使用を考えた」(塚本教授)。シンガポールや香港の空港で12月中旬に使用開始を予定している。

                           ダチョウ


関連ニュース
ダチョウは人類を救う? 花粉症、アトピー…驚異のパワー 2013.2.24 :産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130224/wlf13022412010013-n1.htm

ダチョウの卵から生まれた鳥インフルエンザ抗体マスク :日経メディカル
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/flu2007/pickup/200801/505318.html

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。