スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味のない研究

こんばんは。先日の皆既月食は悪天候のため観察出来なかったよ。次に日本で見れるのは2018年の1月、今から3年後・・・
私はその前にどっかに引っ越してこの場所にはいないだろうね。
人の寿命はそれぞれだけど長くても120歳位が限界な訳でそのうち自分の意志で自由にやりたい事が出来るのはせいぜい70代くらいまでで、それ以降は体力も衰え脳の老化も進行あとは天命を全うするだけ。
それでいいと思う。期限があるから人は夢を語り努力をし充実した人生を送りたいと望むのであってわたしもその一人。
ところが一部の金持ちはどうやらそうではないらしい。
大金を注ぎ込み人の寿命を500歳まで伸ばす研究とやらをやっている。わたしにはサッパリ分からないね。そんなに長生きする理由がどこにあるのか、単に死ぬのが怖いだけなのか。だいたい肉体だけ寿命を伸ばせても500年分の記憶なんてどんどん消去していかないと脳が処理出来ないよ。それに地球が人の住める環境じゃ無いかも知れない。もっと人のためになるような研究に投資すべきだよね。

人間は500歳まで生きることが可能。グーグルが莫大な資金を投資し技術開発を援助。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52189071.html

古代の人々は不老不死の霊薬があり、これを飲めば人類の悲願である永遠の命を手に入れることができると信じていた。

 中国の皇帝たちは翡翠や金など、その致命的な副作用にも関わらず永遠の輝くを放つ物質を摂取するという夢を追い求めた。16世紀に生き、”血の伯爵夫人”と呼ばれたトランシルバニアの貴族バートリ・エルジェーベトは死を乗り越えるために、若い女性の血を満たした浴槽につかるというさらに衝撃的な方法を試みた。また、ある悪名高い科学者は、犬の精液、精巣、血液を調合した液体を自らに注射していた。

 現代においてすらも、永遠の命は大富豪や権力者たちの見果てぬ夢である。そして実に、巨額の資金を有するグーグルの投資部門が人間は500歳まで生きることが可能だと発表したのだ。

「生命科学には大胆に描かれた構想を実現するツールがあります。私は死ななくても済むようになるまで長生きしたいですね」と、グーグル・ベンチャーズのプレジデント、ビル・マリス氏。

 「科学技術の急速な進歩によって、税は逃れられなくても、死からは逃れられるようになる」。と確信を抱く大富豪はごまんといる。グーグルの共同設立者セルゲイ・ブリン氏はかつて「死を治す」と発言したことがあるが、アメリカ技術分野の巨人たちは、加齢に打ち勝つ方法を求めて膨大な資金を投じている。例えば、ネット決済企業ペイパルの共同設立者ピーター・シール氏も、この分野の自身のプロジェクトに4億円以上もの私費を投じた1人だ。 

その動機は様々で、人類に貢献する(それが正しいのかどうか疑問符が付くとはいえ)という純粋な志もあれば、個人的な喪失感によるもの、または死への恐怖から逃れたいという理由もある。お金もまた動機の1つだろう。数世紀どころか、数十年寿命を伸ばす方法を見つけることができれば、その者には巨億の富が流れ込んでくることは間違いない。

 こうした技術屋たちを、「加齢をまるでITの問題を解くかのように考えている」。と笑い飛ばすのは簡単だ。ソフトウェア業界の実力者ラリー・エリソン氏は、人々が死を不可避なものと受け入れている事実こそが、「理解不能だ」。と述べている。

 だが、イギリスの老年学者オーブリー・デグレイ氏によれば、1,000歳まで生きる最初の人間は既に生まれているという。彼の意見では、こうした長寿は遺伝子工学で人体の細胞を処理し、加齢を避けることで実現されるらしい。例えば、科学者たちは既に線虫やハエ、さらにはマウスにおいても劇的な寿命の延長に成功している。

加齢が不可避なものであるとみなすことは止めるべきだと、デグレイ氏は話す。彼によれば、身体はクラシックカーのような存在で、適切にメンテナンスすれば、長い間保つことができるものだ。

 しかし、中にはこうした試みは気違い染みたナンセンスで、もっと有用な他の分野の研究費用を乗っ取っていると考える科学者もいる。

 例えば、英国医学研究審議会の元最高責任者コリン・ブレイクモア氏は、人体の年齢には上限が存在し、これが生きることが可能な長さなのだと主張する。同氏は、これまで120歳を越える人間がほとんどいなかったことを根拠に、これが境界なのだとしている。

これに対し、世界的に超一流の研究者を抱える研究所では、寿命を伸ばすためのさらに風変わりな研究に既に着手している。それは遺伝子工学によるものから、超小型ロボットを用いて細胞の劣化に対処するもの、人体器官をロボットやクローンで置き換えるものなど様々だ。衝撃的なことに、人間の意識を機会に”アップロード”する試みまで存在する。

 無論、こうした熱狂的な行為は数々の倫理的な問題を引き起こす。不死を実現するために、一体どれほどの資金が日常的な疾病を研究するための資金から流出しているのだろうか? 既に人口過密状態にある地球にとってどのような意味合いを持つのか? ロボット技術が成功したとして、それを利用した人間は人といえるのか? より根本的なこととして、一握りの大金持ちたちは永遠の栄華を謳歌したいと願うのだろうが、それ以外の人たちは不死を本当に望んでいるのか?

 映画や本には、永遠の命にまつわる孤独や退屈について語る者が登場する。その名は吸血鬼である。吸血鬼に一度会って『不老不死」がどんなものなのか聞いてみたいものだ。

 なお、彼らがどんな不老不死の技術に巨額の資金援助しているのかは次回紹介することにしよう。

  (カラパイアより引用)

仮に人類が500歳まで生きるとしたら・・・・・人類は進化しなくなる?悲しいとかいう感情も無くなる?

まだこっちの方がマシな気がしてきた。

http://www.cnn.co.jp/world/35062759-3.html">人間の頭部移植 2年以内にも実施? イタリアの医師が計画
http://www.cnn.co.jp/world/35062759-3.html
(CNN) 首から下がまひした患者の頭部を切り離し、脳死と判定された他人の体に移植する――。イタリアの医師が、そんなSFのような移植手術の構想を描いている。米国で6月に開かれる学会で講演して協力者を募る考えだ。

イタリアのセルジオ・カナベーロ医師が検討しているのは、頭部を別の人体に付け替える「HEAVEN(Head Anastomosis Venture)」と呼ばれる手術。ただしまだ乗り越えるべき課題は多数ある。

既に予算の一部は確保済みで、残りは一般から出資を募るクラウドファンディングや書籍の販売でまかなう予定だという。

1例目となる候補の患者は30歳のロシア人男性で、ウェルドニッヒ・ホフマン病という難病をわずらっており、自分から手術を希望しているという。ただしカナベーロ医師はインターネットを介してこの男性と話しただけでまだ会ったことはなく、カルテなども見ていない。
  ⇒本文はコチラ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。