スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀な海上保安庁のお仕事

西之島周辺、噴火後初の海底調査へ 海上保安庁

火山活動が続く小笠原諸島・西之島(東京都)について、海上保安庁は17日、噴火後初の周辺海底調査を22日から7月10日にかけて行うと発表した。噴火前後の地形変化や火山の地下構造などを調べ、収集したデータを海上交通安全のための海図作製や今後の火山活動の予測などに役立てる。

 海保によると、平成25年11月の噴火開始後は、毎月の航空機による上空からの調査のみで、海面下の変化は全く状況が不明という。

 今回の調査では、測量船「昭洋」(3千トン)と無人調査艇「マンボウII」(5トン)を投入する。

 昭洋は海底地震計を設置した上で海底で人工地震を起こし、揺れが伝わる速さで地層の状況や構成する物質を推定。マグマだまりの分布や規模、深さなどを調べる。また、マンボウIIは噴火警戒範囲(西之島の中心から4キロ以内)で、海底の状況や火山活動により変色している海水、火山灰を採取して火山活動の情報などを得るという。

 海保によると、西之島の面積は、前回調査時の5月20日現在で東京ドーム約55個分に当たる約258ヘクタール。現在も火山活動は続いており、拡大を続けているとみられる。

引用元:http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/150617/lif15061719240020-n1.html

海上保安庁では、測量船と無人調査艇により、噴火開始後初めて西之島周辺の
海底地形等の調査を行います。
海上保安庁PDF

2015y06m19d_000531467_convert_20150619000833.jpg
2015y06m19d_000628180_convert_20150619000902.jpg




こんばんは。西ノ島といえば先日の5月30日のマグニチュード8・1の震源地となった土曜海山のすぐ側にあるのよね。震源の深さは682キロと下部マントル付近(地震発生時刻は20時23分。・・・どうでもいいけどわたしの誕生日は8月23日だからすぐ覚えた。)
とはいえ相当なダメージを受けている場所にあろう事か人工地震を起こして調査するとは!?一体誰がこんな無謀な指令を下したのか理解に苦しむよ。海底で何が起きているのか興味はあるけど危険すぎ!もう少し様子を見てからやればいいのに。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。