スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解できない最新医療

こんばんは。心配していた台風3兄弟9号10号は西へと移動中。日本列島は11号に注意かな?昨日から稼働しているひまわり8号の「ひまわり8号リアルタイムWeb」を見ると地球規模で表示されて拡大すると色んなとこが見えてかなり楽しい。興味のある方は覗いてみてね。

                     2015y07m08d_232412238.jpg

さて今夜の気になる話題はまたしても理解できない不老長寿の医療技術関連。


150歳まで生きられる老化防止薬、来年から生産か 米国のバイオ企業CEOが発表


「人間が150歳まで生きられる時代がすぐに来る」、米国のバイオテクノロジー企業、シエラサイエンス創業者でCEOのビル·アンドリュース博士(64)が、今月5日ニュージーランドのTV番組でそう語った。「老化は病気であり、治療することができる」として同社が「開発中の老化治療剤が来年遅くにも試験生産に入るだろう」と付け加えている。

不老不死への第一歩となる、この発言が今海外メディアで大きな注目を集めている。


■寿命つかさどるテロメアの調整薬

生物は細胞分裂をくりかえすと、染色体末端の塩基配列部位である「テロメア(telomere)」が短くなっていき、これが短くなりきると死を迎えることになる。アンドリュース博士によれば、このテロメアの生成を行う酵素が体内で作られ続ければ老化を防げるとしている。

そしてシエラサイエンス社がこの酵素生成に関する薬を発売することを示唆したわけだ。

続けてアンドリュース博士は「(治療剤によって)テロメアの長さが再び長くなれば、老化が中断されるどころか再び20代の青年のように活力あふれる状態になる」とも強調。


■超長寿社会になれば人口問題も勃発

だが実際に薬が発売されて長命を確保できても、内蔵の機能などが追いつかないといった事態も想定される。そうなれば臓器移植の需要が高まるし、また人々が死ななくなれば人口問題も新たな局面を迎えることになる。社会に大きなインパクトを与えることは間違いない。

文/高野景子

http://mogumogunews.com/2015/07/topic_12096/



こんなくだらないこと飽きもせずよくやるよね。そんな長生きして何がしたいんだ?万が一これが日本でも流通するようになれば処方箋を出すのと引き換えに年金の受給や選挙権や会長職なんかを放棄させるべきだね。現役のまま150まで生きられたら世代交代出来ないし国の財政がもたないわ。
と同時に浦島太郎の玉手箱も開発すべき。
不老不死の魅力って何?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sora

Author:sora
世の中の真実を求めて日々情報収集。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HP
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
47NEWS
ブロとも一覧

 Wake up Call 自分へ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。